ねこじゃすりの口コミ評判。嫌がる猫はいない?長毛猫にはどう?

ねこじゃすりは、撫でてあげるだけで猫が気持ちよくなるグッズ。広島の老舗「ワタオカ」が開発したこの「ねこじゃすり」はテレビでも紹介され話題になっています。

実際には嫌がったりしないのか?など、口コミ評判での評価をご紹介。また、特徴、使い方や長毛の猫にも使えるのかもお伝えします。

ねこじゃすりの口コミ評判は?嫌がる猫はいないの?

ねこじゃすりの口コミレビューでの評価は賛否両論な感じ。実際に愛猫に使ってみての様子の書き込みを幾つかご紹介しますね。

ねこじゃすりの評価の良い口コミレビュー

★猫の舌のザラザラした感触がよく再現されていると感じる。どの方向にも撫でられるので、ブラシのように猫が動いても持ち手を替えなくても良い。うちの短毛猫は気持ちよさそうにしているが、長毛猫はあまりザラザラ感を感じない様子なので、おでこや顎を中心に撫でている。

★うちの猫は「ねこじゃすり」が台のお気に入りでウットリする。喉をならすことがない猫だが、ねこじゃすりをするとゴロゴロ鳴らしながら爆睡するほど落ち着くようだ。この喜んだ様子をみていたら、値段は高くないと思えた。ただ、猫によるみたいで、苦手な子は苦手のようだ。

★最初ねこじゃすりを猫に見せたときには、警戒されたが見えないように使っていたら気持ちが良いのがわかったようだ。多少毛が抜けるがブラッシング効果はない。それよりも毛繕いをしてあげている感じがとても良い。

★うちの猫はブラシ好きだが、ブラシではなかなか顔周りを撫でるのが難しかった。ねこじゃすりで鼻筋や口周り、耳の付け根などを擦ってあげるとゴロゴロがとまらなくなる。

★細い方で顔周りをマッサージしてあげると気持ちよさそう。ねこじゃすりが気にいったみたいだ。

★値段も結構するし、猫によっては嫌うようなのでかなり迷ったが、顎ニキビに良いというレビューをみて購入してみた。うちの猫の場合は、頭と背中を撫でられるのは好きなようだ。うとうとしている時に顎を撫でるとニキビがポロポロと本当によく取れて、赤茶けていた顎が大分白に近づいた。立派な箱はいらないからその分安くなると嬉しいのだが。

★ねこじゃすりで撫でるととてもリラックスしてくれる。そのためか、遊ぶ頻度や同居猫とのコミュニケーションが増えて、表情が子猫の頃のように豊かになった。ただ、じゃすりにハマるかは個体差がある。

★猫を4匹飼っていて、それぞれ性格が違うので、ねこじゃすりを気に入らない子もいるのかも?と思いきや、全員が喜ぶ。慣れるまではカジッたり手で叩いたりしていたが、今では順番待ちだ。

★猫グッズを買っても気に入ってくれないことも多くて心配だったが、ねこじゃすりで撫でるとうっとりした顔でゴロンと寝てしまう。周りの猫友達の中には気に入らなかった子もいるようなのだが、うちは買ってよかった。

★半信半疑だったが、評判が良いというのを聞いてねこじゃすりを購入。驚くほど、いつまでも撫で撫でを要求される。膝に乗るのは好きではない猫だが、ねこじゃすりを持つと逃げないどころか期待の眼差しを向けられる。開発者に本当にお礼を言いたいくらい。

★猫の顎ニキビが良く取れ、簡単に洗えるので助かっている。

★猫によると思うが、うちの猫は喜んでくれる。ねこじゃすりを見せるとまっしぐらに飛んでくる。

長毛種には効果が薄い場合があるとのことだったが、うちの子には良かった。最初は警戒していたものの、慣れてしまうと今までなかったような反応をしてくれる。まるでマタタビでも与えたかのよう。なぜこんなに効果があるのか不思議。

★噂通り猫にも好評だ。買って損はしないと思う。

★ブラシだと毛が抜けてしまうが、ねこじゃすりだと抜けないで毛がキレイに揃う。猫も気持ちが良いようだ。

★予想以上に我が家の猫たちは気に入ったようだ。普段、喉を鳴らない子も鳴らしまくりで、猫の方からやってほしいとねだってくる。購入して大正解。

評価が良くないねこじゃすりの口コミレビュー

★ねこじゃすりの本体が固く猫を撫でる場所によってはやり辛さがあるのが気になった点。使うときにシナリがあれば使いやすいと思うが、凄い商品ではある。

★ねこじゃらしは、猫の舌に似せて溝が彫ってある商品なのだが、その溝の向きが90度回転してた方が使いやすいと思う。うちの猫たちは、うっとりするほど食いつきが良かった子はいなかった。値段もそこそこするので高い買い物だったかなと。

長毛種であるメインクーンの子猫に使ってみた。長毛種には効果が薄いというレビューもあったが、毛の短い顔周りを細い方の先でゴリゴリしてあげると、たまに気持ちよさそうにするが、肌に届かないため体には効果がないようだ。やはり短毛種向きかも。

★ねこじゃすりの値段はそれなりにするし、猫グッズは賭け的要素が強いので悩みながらも思い切って購入。うちの猫はまだ子猫で、ブラッシングもじゃれてしまってさせてくれないため、ねこじゃすりもダメだった。1歳過ぎて落ち着いたときにまた試してみようと思う。

★ねこじゃすりの価格が高いのは承知で猫が気に入ればと購入したが、気に入らなかった。

★うちの6匹の猫全員が気に要らなかった。一番おとなしい子でさえ噛み付く。いい値段なのでちょっと痛い。

★ねこじゃすりを握って猫に近づくと逃げるようになった。

★ねこじゃすり自体に不備はないが、我が家の子猫には不評だった。どうやら形状が気に入らないらしく、すごく警戒されて噛まれる。やすりの感触も痛すぎのかも?猫はよくキュウリに驚いて飛び上がるが、反応はそんな感じ。手で撫でられるのが気に入っているので猫それぞれだと思う。

★悪くはないが、全ての猫が虜になるわけではなかった。

★うちの猫は元々ブラッシングを嫌がっていたが、ねこじゃすりもダメだった。

ねこじゃすりの特徴、使い方は?

ねこじゃすりのココが凄い!っていう特徴をご紹介します。

ポイント1:猫の舌のザラザラを再現

ねこじゃすりの猫の舌のようなザラザラとした細やかなやすり面によって撫でることで気持ち良さが感じられます。全面に細やかな櫛歯が入っているため、どの方向からでも撫でることができます。

太い面~背中・お腹・脇/細い面~頭・顎・首周り

ポイント2:猫同士がグルーミングするような感覚でリラックス

まるで毛づくろいしているかのようにリラックス効果のある猫用ブラシです。

ねこじゃすりの効果~リラックスして大人しくなる/抜け毛がうまく取れる/毛並みが良くなる

【ねこじゃすりの商品仕様】
・カラー:ライトグレー/グレイッシュピンク
・サイズ:216(奥行)×36(幅)×10(高さ)mm
・重量:0.39kg
・生産国:日本製
・素材:AES(プラスチック)
・ブランド(メーカー):ワタオカ

●ねこじゃすりは、長毛種の猫の飼い主さんで使っている人もいるようですが、商品ページではすすめられていません(櫛歯が地肌に届きにくいので効果が現れにくい)⇒ペルシャ、ヒマラヤン、メインクーン、ソマリなどの長毛種には非推奨
●アルコール消毒可能、熱を加える消毒はNG

ねこじゃすりの使い方

ねこじゃすりは左右で太さに違いがあり、また、どの方向からでも撫でるこができます。

●細い面~凹んだ部分や狭い部分:頭、額、首、頬、喉、脇の下など通常届きにくい部分/しっぽ、付け根などの細かなケアが必要な部分
●太い面~広い面に最適:背中、お腹など広い面積に対して/お尻周り

※基本的に猫の毛の流れに沿って撫でる

さいごに

老舗のやすりメーカーが確かな技術で作成した「ねこじゃすり」で猫との暮らしに楽しい新習慣を作ってみてはどうでしょうか。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする