当ブログの記事内には広告が含まれています
PR

フライパンを立てて収納できるダイソーのフライパンラックってどんなもの?使い方は?

フライパン立てて収納ダイソー キッチン用品

フライパンを立てて収納できるダイソーのフライパンラックは、密かに人気のアイテムです。

このフライパンラックはキッチンスペースを有効に活用し、フライパンを生前と収納するために設計されています。
狭いキッチンや収納スペースが限られている場合には、特に役立ちますよ。

この記事では、フライパンを立てて収納できるフライパンラックの詳細、使い方、収納場所や取りやすい収納方法について解説します。

ぜひ、参考にしてみてください^^

キッチン整理用品ジャンルの売れ筋ランキングはこちら!
▼  ▼  ▼

>>フライパンラック一覧【楽天】

フライパンを立てて収納できるダイソーのフライパンラックってどんなもの?

フライパンを立てて収納できる100均ショップのダイソーのフライパンラックは、安い価格でありながら機能的なアイテムです。

実はこのフライパンラックは100円ではなく、300円(税抜)なのですが^^;
それでも安いですよね。

ダイソーは、さまざまな収納アイテムを手掛けており、特にキッチン用品のラインナップが充実しています。

このフライパンラックもその一つで、しっかりとした作りでありながらリーズナブルな価格が魅力なんですね。

まず、このラックは、フライパンを収納するための仕切りが設けられています。
縦置き、横置き、どちらにも対応。

これにより、フライパン同士が重ならず、傷つけずに収納できます。
また、取っ手が外側に向くように設計されているため、取り出しやすいんです。

さらに、ダイソーのフライパンラックは、しっかりとフライパンを支える作りになっていて、キッチンの限られたスペースでも有効に活用できます。

例えば、シンク下や狭いキャビネット内に簡単に設置できるサイズです。
ヤワな感じでもなく、長期間使用しても形崩れしにくそうなのも○

このように、ダイソーのフライパンラックは、手軽にキッチンの整理整頓ができて便利なんですね。

ダイソーのフライパンを立てて収納するためのフライパンラックの使い方

ダイソーのフライパンを立てて収納するためのフライパンラックの使い方は非常にシンプル。
まず、ラックを適切な場所に設置します。

シンク下やキャビネットの中、カウンター上など、フライパンを頻繁に使う場所に置くと便利です。

次に、フライパンを一つずつラックの仕切りに沿って立てていきます。
フライパンの取っ手が外側に向くように配置することで、取り出しやすくなりますよ。

このとき、大きなフライパンは広めの仕切りに、小さなフライパンは狭めの仕切りに立てると良いでしょう。
さらに、フライパンラックにはフライパン以外にも、サイズにもよりますが、鍋や蓋を一緒に収納できるんですね。
この場合、鍋や蓋も同様に仕切りに沿って立てて収納しましょう。

フライパンの収納場所はどこがいい?

フライパンの収納場所は、使いやすさとスペースの効率を考えると、いくつかのポイントがあります。

まず、キッチンのシンク下やガスレンジの近くが理想的です。
料理中に頻繁に使うフライパンをすぐに取り出せる場所に収納することで、多少の手間が省けることにもなりますね。

次に、フライパンラックを設置する際は、奥行きが十分にある場所を選ぶことも大切。
狭いスペースに無理に収納すると、取り出しにくくなり、フライパン同士がぶつかって傷つく原因になります。

また、キャビネットの中に収納する場合は、棚の高さを調整できるタイプのキャビネットを選ぶと良いでしょう。
フライパンの高さに合わせて棚を調整することで、スペースを無駄なく使えます。

さらに、吊るして収納する方法もあります。
フライパン専用のフックやラックを壁に取り付けることで、収納スペースを節約しつつ、おしゃれなキッチンを演出できます。

この方法は、特に小さなキッチンや収納スペースが限られている場合に効果的です。

フライパンが取りやすい収納方法は?

フライパンが取りやすい収納方法は、整理整頓とアクセスのしやすさを重視することが大切です。
フライパンラックを使って縦に収納することで取り出しやすくできるので、効率的ともいえますね。

フライパンの取っ手が手前にくるように配置するようにすれば、必要な時にさっと取り出せます。
そして、フライパンのサイズや種類ごとに整理しておくと良いでしょう。

また、フライパンの蓋も一緒に収納する場合は、フライパンラックに一緒に立てておく。
フライパンとセットで取り出しやすくなります。

フライパンラックやフライパンスタンドって何?

フライパンラックやフライパンスタンドは、キッチンの収納を便利にするためのアイテムです。
これらによって、キッチンのスペースを有効に使えます。

主にシンク下やキャビネットの中に設置するタイプが多く、仕切りが付いていて、フライパンを縦に立てて収納。
また、立てて収納ではなく、壁に取り付けたりカウンターに置く方法もあります。

これにより、フライパン同士がぶつかることなく、取り出しやすくなるんですね。

フライパンを吊るして収納することでも、キッチンのスペースを有効に活用しでき、おしゃれなインテリアの一部としても楽しめます。

フライパンを立てて収納するメリット

フライパンを立てて収納するメリットを、まとめ的に以下に記載しますね。

スペースの節約

フライパンを立てて収納することで、キッチンの引き出しや棚のスペースを有効に活用可能。
特に、複数のフライパンを持っている場合、それぞれを重ねずに収納できるため、スペースを大幅に節約できます。

取り出しやすさ

フライパンを重ねて収納した場合の、下のものを取り出すときの煩わしさを避けることができます。
立てて収納することで、必要なフライパンをすぐに取り出すことが可能です。

整理整頓

フライパンを整然と並んでいると、すっきりと整理された印象になります。
また、見た目も美しく保てますね。

フライパンの保護

フライパンを立てて収納することで、フライパン同士が擦れ合って傷がつくのを防止。
これにより、フライパンの寿命を延ばすことにも関係してきます。

ネット通販でも買える立てて収納できるフライパンラック

ダイソーで購入できる立てて収納きるフライパンラックは、確かに安くて懐に優しいしろものです。

でも、もうちょっといいものを…という場合には、100均ショップじゃない実店舗でもネット通販でも買うことができますよ。

幾つかご紹介しますね。

コンパクトタイプの伸縮性フライパン&鍋ブタスタンド

  • フライパンを立ててすっきり
  • 収納力アップ&出し入れスムーズ
  • 鍋ブタの収納もOK
  • 持ち手にフィットするワイヤー
  • 幅32~57㎝対応で収納スペースに合わせて設置可能

白・黒のモノトーンデザインがおしゃれなtower(タワー)シリーズ

  • シンプル&スタイリッシュなデザインのフライパン&鍋蓋スタンド
  • 抜群の機能性が人気
  • 伸縮可能でシンク下のスペースに合わせてぴったりフィット
  • 45~82㎝対応
  • 取り出しやすい取っ手置き付き

コンパクトタイプ/2つに分けて使える伸縮性フライパンラック

  • 間隔はお好みに応じて調整可能
  • 2つに分けられて使えるシーンが多い
  • 30~58.5㎝対応

フライパンを立てて収納できるダイソーのフライパンラックってどんなもの?使い方は? まとめ

フライパンを立てて収納できるダイソーのフライパンラックは、手軽で便利な収納アイテムです。
使い方も簡単で、キッチンの整理整頓に役立ちます。

何せ、100円ではないにしても、300円という価格で機能性が高く、フライパンを立てても横にしても収納できる優れもの。

しっかりした仕切りが付いています。
軽量で扱いやすい点も○

仕切りをうまく使ってフライパンを取り出しやすくすることは、収納場所の有効活用や調理の効率化にもつながります。

乱雑になりがちな調理器具を便利なアイテムを使ってスッキリさせてみてはどうでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました