オキシクリーン日本版とアメリカ版の成分は?安全性、危険性は違う?

オキシクリーンは、洗濯からキッチンの掃除まで、様々な臭いや汚れを綺麗に洗浄できる洗剤です。

そして、日本版とアメリカ判があるのですが、その成分に違いがあるのか?それによって安全性や危険性も変わってくるのか?など気になったので調べてみました!

オキシクリーンの特徴や利用者の口コミ評判などもご紹介しますので、参考にしてください。

オキシクリーン日本版とアメリカ版の成分の違い

オキシクリーンには、アメリカ版と日本版があって、配合成分が違うのですね。

アメリカ版には、界面活性剤、柔軟剤が入っています。
対して日本版には、それらが入っていません。

だからなんだ?ってことですが。。。
ザックリですが、界面活性剤はより洗浄力をアップするものって認識で良いと思います。

界面活性剤の危険性ってことを考えると…何を危険と捉えるか?…になります。
一般的な洗濯洗剤にも、石油系の合成界面活性剤が配合されていることが多いですよね。

洗濯洗剤として使用する場合には、肌の状況は人それぞれ違うので一概には言えませんが、衣類への残留成分が何かしら皮膚に影響を及ぼす危険性はゼロではありません。
とは言え、それはどの洗剤にも当てはまること^^;

洗っている際には、界面活性剤配合のものだと泡立ちが良いので、より「洗っている感」があるかと思います。そして実際に、界面活性剤配合だと汚れ落ちの面からしても優れているはずです。

主原料はどちらとも過炭酸ナトリウム、炭酸ナトリウムという成分で、自然由来のもの。
これらのことから考えると、より安全性を!って人は日本版が良いのかな?と。

界面活性剤が入っていない日本版を使っている人の口コミレビューでも評価の高いものが多く、洗浄効果は低くないと思えますしね^^

【日本版オキシクリーンの仕様】
・内容量:1500g
・成分:過炭酸ナトリウム(酸素系)、炭酸ナトリウム(洗浄補助剤)
・液性:弱アルカリ性
・形状:粒状
※界面活性剤、塩素不使用、香料無添加
全世界で愛用されているオキシクリーンですが、日本版はオリジナル成分を採用。環境や肌へのことも考えての効果と優しさ両方を兼ね備えた洗剤です。


【アメリカ版オキシクリーンの仕様】
・内容量:1360g
・成分:過炭酸ナトリウム(酸素系)、界面活性剤(アルコールエトキシレート)、炭酸ナトリウム(洗浄補助剤)
・液性:弱アルカリ性
・形状:粒状

オキシクリーンの特徴~ココが凄い!

◎酸素の泡で汚れを分解
オキシクリーンは酸素のチカラで洗浄します。水に溶けると酸素の泡を発泡し、それが頑固なシミ、汚れを徹底的に浮き出させスッキリ洗浄するのです。

◎色柄モノにも使いやすい
すべての色素までも漂白してしまう塩素系漂白剤とは違い、オキシクリーンは酸素のチカラで汚れのみを洗浄するため、色柄モノにも安心して使えます。

◎消臭効果で臭いもスッキリ
オキシクリーンは、酸素の泡で繊維のスミズミまで汚れを洗浄し、臭いの原因を徹底的にケア。臭いの原因の一つである「汚れ残り」を解消します。部屋干し対策にも最適な消臭効果抜群の洗剤です。

オキシクリーンの使い方

◎毎日の洗濯
食べ物ジミや血液ジミ
・浸け置き洗い
・いつもの洗濯洗剤+オキシクリーン
◎食器の茶渋取り、キッチンの除菌消臭
コーヒーカップ、湯呑み、皿、まな板、ふきん、水筒…などに
◎洗濯槽の洗浄、除菌、防カビ対策
意外と汚れている洗濯槽、1~2ヶ月毎の掃除がおすすめ他にも活用方法は色々です!

実際の詳しい使い方は、商品ページで確認できます!コチラからどうぞ~

↓  ↓  ↓
>>日本版・オキシクリーン(1500g) 酸素系漂白剤

オキシクリーンの口コミ評判~効果に関する評価はどんな感じ?

日本版オキシクリーンの口コミレビュー

●アメリカ版オキシクリーンも長年使ってきたが、毎年春先は肌の状態が良くないため、肌荒れしてくると日本版のモノにしている。日本版(中国産)オキシクリーンは界面活性剤不使用、香料無添加で泡立ちが少ない。コストコ販売のアメリカ版のものは界面活性剤、柔軟剤入り。日本版としているなら生産も国内でやって欲しいところ。

●夫の制服を説明書通りにつけ置きしておいたら綺麗に落ちて驚いた。購入してみて良かった。

●洗剤と一緒に洗濯機に入れていつも通りの洗濯時間で、作業着のクスミがスッキリ取れた。お試しで買ってみたが良かったので毎日使っている。友だちにも勧めた。

●お風呂と洗面台に使ってみたらピカピカに!オキシクリーンで掃除をし始めると止まらなくなる。

●日本版というのは日本製かと思ったが商品は中国産だった。日本版は、日本製ということではなかったようだ。しかし、汚れはよく落ちる。今まで落ちなかった子供のロンTの食べこぼしのシミが1時間程度つけ置きした後に洗濯してみると全て落ちて真っ白になり感動!生地のクスミもスッキリ。毎日洗濯するのが楽しくなる。

●洗濯槽の素晴らしい汚れ落ちに感動したので、友人にも小分けにしてあげて試してもらったところ、同様にキレイになったそう。洗濯槽を掃除してからは洗濯物を室内干ししても臭わないとのこと。友人もオキシクリーンを購入すると言っていた。
私の方も洗濯槽だけでなく、レンジフードや皮脂汚れが目立つテーブル、床掃除に使っていたら使い切ってしまったので追加購入するつもり。

●オキシクリーン漬けが気になって購入。カビだらけのシンクが綺麗になった。塩素臭のツンとした臭いもないし良い。

●タバコ臭い夫のシャツ類をオキシクリーンを高濃度に溶かしたぬるま湯に浸け置きしておいたら、泥水みたいに茶色く濁ってきた。大分ましになるまでキレイにすすいでから更に浸け置いたあと脱水して洗濯。かなり蓄積された臭いなので、全然臭わない!とまではいかないが、許せる程度になった。夫の洋服は今度からオキシクリーンで洗濯することに決めた。

●購入前から日本版は泡が立たないものと知っていたが、やはり物足りなさアリ。でも汚れは落ちる。土汚れが酷かったスニーカーも真っ白。

アメリカ版オキシクリーンの口コミレビュー

●日本版のオキシクリーンもとても良かったのだが、浴槽掃除にはアメリカ版の泡が出るタイプの方が向いていそうだし、界面活性剤のあるなしの効果の違いを確かめたくて購入。浴槽の掃除と風呂用の椅子、蓋、洗面器をオキシ漬けして時間がたってから流したらキレイになった。オキシクリーンは効果がわかりやすいので良い。塩素と違い、ニオイも発生しないので使いやすい。いろんな所を掃除していたら減るのが早そう。

●アメリカ版を試してみたくて購入した。大容量で便利。早速、スニーカーを浸け置き洗いしたが、こすり洗いもせずにビックリするほど真っ白になった。

●コストコの物は大きすぎて置き場所がなく、コチラの大きさは丁度良い。やはりアメリカ版は泡立ちが違う。蓋付きで計量スプーンも大きくて使いやすい。

●毎日の洗濯に欠かせないものとなった。オキシクリーンを使っていなかった時よりシャツが黄ばみにくくなった。柄物にも使えて便利。今までは日本版を使っていたたが、アメリカ版も良い。

●落ちなかった汚れがあっさり落ちた。衣類にも使いたいと思う。

さいごに

オキシクリーンを使ってみたいけど、コストコなどの大型店で売っているモノは大きすぎてちょっと…っていう場合でも楽天の通販購入であれば、手頃なサイズが手に入りますよ。

効果が気になっている人は、試してみてはどうでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする