エコバックスDEEBOT T10 OMNI の口コミレビューは?サイズや水拭きの仕組みを解説!

エコバックスDEEBOT T10 OMNI口コミレビューについてご紹介します。

ロボット掃除機DEEBOT T10 OMNIは、

  • モップの洗浄から乾燥まで自動でしてくれるので楽
  • たまったゴミパックを捨てるのも簡単
  • 水拭きを同時にするのですごくキレイになる

手間がかからないのでとにかく「楽」と評判です。

吸引力が強いのはもちろんのこと、最新のロボット掃除機だけあって画期的な機能も盛りだくさん♪
その点について評価している人もいましたよ。

それでも「難」を挙げている人も実際にはいるので、その部分もお伝えしていきますね。

 

また、かなり大きいといわれるDEEBOT T10 OMNIのサイズや、このモデル特有の水拭きの仕組みを分かりやすく解説します。

参考にしていただけるとうれしいです^^

 

人の手を煩わせない人気のロボット掃除機エコバックスDEEBOT T10 OMNIはこちら
▼ ▼ ▼

 

ECOVACS DEEBOT T10 OMNIの悪い口コミレビューやデメリット

【↑クリックすると楽天市場にページ移動します】
 

エコバックスDEEBOT T10 OMNIのイマイチ口コミレビューをご紹介します。

 

サイズが大きく重い

・全体が大きく場所を取る。
・タンクに水を入れたら重くなるので移動するとしたら大変。
・大きいので、設置する部屋を選ぶかも。
・存在感のある大きさ。

DEEBOT T10 OMNIはゴミ収集から洗浄まで完全自動が【ウリ】のロボット掃除機です。それを実現するためには「水」を格納するスペースが必要。

これが、ステーションのサイズが大きくなってしまっている理由です。

 

いざ商品が届いて実際目にすると、「大きい」と感じてしまうこともあるかも。

水が入っている容器は必要不可欠なもの。これによってサイズが大きくなるのは仕方がないですよね^^;
また、ステーションは水自体の重さで結構な重さになります。
これがデメリットかといわれると、それは違いますよね。

 

また、設置場所についてはステーションの左右0.5m、前方1.5mの空間が必要と取扱説明書には記載されています。このスペースがある場所に設置しましょう。

 

音声誤認

・音声を誤認して違う操作をしてしまうことがある。

ロボット掃除機のAI音声認識精度の差って、メーカーによってどの程度違いがあるのでしょう。
今後の開発で認識精度が上がるのを期待するか…といっても、これは限界があるのかと個人的には感じます。

若干の認知に差こそあれ、どの機種、メーカーでも多かれ少なかれあるように感じるのですが…。

しっかりした言葉や大きな声で指示するなど、工夫が必要かもしれませんね。

 

その他については、2022年9月に発売の新商品のためか、DEEBOT T10 OMNIの悪い口コミレビューは、あまり見当たりませんでした。

 

ECOVACS DEEBOT T10 OMNIの良い口コミレビューやメリット

ゴミ収集から洗浄まで自動

・ロボット掃除機で掃除した後、自動でステーションのゴミパックに集めてくれるのが楽。
・たまったゴミパックを捨てるのも簡単。
・モップの洗浄から乾燥まで自動でしてくれるので楽ちん。
・モップの汚れ落としを自動でやってくれるので、手を汚さなくてもいい。
・自動機能でメンテナンスが楽。
・人が行う作業が少なくて済む。

ECOVACS DEEBOT T10 OMNIには自動ゴミ収集機能が搭載されています。その上、水拭きした後のモップの自動洗浄までしてくれるんですね。

部屋の掃除もロボット掃除機本体がしてくれるし、何から何までほぼ自動。
まさに至れり尽くせり^^

この点を評価している人が多い印象です。

 

掃除パフォーマンスが良い

・清掃能力が高い
・拭き掃除後の汚れ水を見て、汚れ具合に驚いた。
・すごくキレイになる。
・普通にモップがけした程度にはなる。
・ゴミ吸い取りと水拭きを同時にする機能で床がよりきれいになる。

ロボット掃除機は大体ゴミを吸い取るだけのものが一般的。
DEEBOT T10 OMNIは「ゴミ吸引」と「水拭き」の機能を併せ持っています。

掃除の際に同時に行うことができるんですよ。まさに1台2役で掃除効率◎

水拭きできるものは、それなりに価格が高くなります。それでも「水拭き」による清掃効果を良かった点としてあげている人が多くみられました。

 

吸引力が強い

【↑クリックすると楽天市場にページ移動します】
 

・ちゃちなロボット掃除機と全然違う吸引力

DEEBOT T10 OMNIの吸引力についての口コミやレビューはあまり見掛けませんでした。

確かに発売日からそれほどたっていませんが、「吸引力は問題なくて当たり前」っていう前提なのかもしれせん。

一般的なロボット掃除機のPa(パスカル)は2,500~3,000Paが多い中、エコバックスDEEBOT T10 OMNIは5,000Paで、上位機種相当。

ですが、Paが大きいだけでは掃除機の性能が良いということではなく、実際にはその他のいろいろな要素が組み合わさって、善しあしが決まります。

DEEBOT T10 OMNIのダストピックアップ率も最大95%です。

・Pa(パスカル):物を浮き上がらせる力
・ダストピックアップ率:ゴミを吸い集める力

 

上位機種で吸引力が同じ5,000PaのDEEBOT X1 OMNIの評判では、カーペットの奥のペットの毛なども問題なく吸い込むとの口コミもありました^^

 

マッピング機能が優れている

【↑クリックすると楽天市場にページ移動します】
 

・マッピングで細かく設定できる。
・最初のアプリやマッピングに多少手間がかかるが、一度設定するとその後がすごく楽。
・マッピングはほぼ正確なのがいい。

ECOVACS DEEBOT T10 OMNIは部屋の間取りを測定し、効率的な掃除をするよう設定できます。

このマッピング機能で、お部屋の隅々までキレイにできるんですね♪

 

ベッドやソファの下の掃除もOK

・命令を聞いてソファーの下を掃除してくれる。
・高さがそんなにないため、今までのロボット掃除機ではできなかったソファの下も掃除が可能。

DEEBOT T10 OMNIが入ることのできる空間があれば、狭い場所でも掃除はしてくれます。本体のサイズは直径362/高さが103.5mmです。

ベッドやソファの下の空間がこれ以上の広さであれば、DEEBOT T10 OMNIが入っていけることになります。

 

とはいえ当然のことですが、例えば10センチ以下のベッドやソファの下の掃除はできないというレビューもありました。

 

お部屋の隅々までお任せできるロボット掃除機ECOVACS DEEBOT T10 OMNIはこちら
▼ ▼ ▼

 

DEEBOT T10 OMNIのサイズ

  • 本体サイズ:直系362×高さ103.5mm
  • ステーションサイズ:幅430×奥行き448×高さ578mm

ロボット掃除機本体はともかく、充実した機能を取り入れていることによってステーションのサイズが大きくなっています。

 

DEEBOT T10 OMNIの適した設置場所

ステーション自体のサイズが大きいため、設置場所に苦慮している人もいそう。
デスクの下などは不向きであるといえます。

ステーションを配置するに当たっては

  • 左右は0.5m/前方は1.5mの空間が必要
  • 付近に鏡や反射性のあるものを置かない
  • 直射日光の当たらない場所
  • 硬い床に置く

基地(ステーション)からは赤外線が出ていて、それを頼りにDEEBOT X1 OMNI本体が戻るようになっています。
障害になる鏡や反射物が近くにあると、その下14cmの部分を覆わなくてはなりません。
初めから付近に置かないか、鏡などから離れた場所に設置してくださいね。

設置方法については説明書に沿って行えばOKです。

 

エコバックスDEEBOT T10 OMNIの水拭きの仕組みはどうなっているの?

【↑クリックすると楽天市場にページ移動します】
 

DEEBOT T10 OMNIは水拭きができるロボット掃除機。その水拭きの仕組みを解説します。

本体はタンクを搭載していない

ECOVACS DEEBOT T10 OMNI本体には水を入れるタンクがありません。この点が 上位機種であるDEEBOT X1 OMNIとの違いです。

そのため、DEEBOT X1 OMNIはDEEBOT T10 OMNIよりも高額になっています。(※発売時の設定価格であり、時期によって価格変動あり)

 

ステーションから本体に水を供給

DEEBOT T10 OMNはステーション内の清水タンクからキレイな水をモップに供給し、部屋の掃除に出掛けます。水分が足りなくなったらステーションに戻り、また掃除に出掛けるという仕組みです。

それら一連の動きをすべて全自動でしてくれるので、人の手をわずらわせることはありません。

 

自動洗浄&熱風乾燥

ロボット掃除機本体が掃除を終了し、ステーションに戻った後、汚れたモップはステーション内で自動洗浄と自動乾燥が行われます。

これで、清潔な状態を保つことができるんですね^^

 

値段を抑えつつ、効率的な掃除をしてくれるECOVACS DEEBOT T10 OMNIはこちら
▼ ▼ ▼

 

ECOVACS DEEBOT T10 OMNIのお手入れ方法は?

手間軽減~最大60日分のゴミを収集可能!

DEEBOT T10 OMNのステーション内にためておけるゴミの量は最大60日分。ごみがたまったら紙パックを交換しなければなりませんが、毎日じゃなくていいんですよ。

ゴミ捨ての手間も軽減できること請け合い♪

紙パックは密封式で、取り出す際にもホコリが舞い上がる心配もありません。

 

モップの洗浄~乾燥が自動でお手入れ楽々

ステーションのタンクの水の入れ替えは必要ですが、モップの洗浄から乾燥などは自動なので、お手入れも楽々です。

もちろん、ゴミがたまった紙パックは交換しなければなりませんが、難しい操作はありません。

 

汚水タンクは使用後毎回捨てるのがベストとはいえ、毎回やらなくても「臭い」などは気にならないというレビューもありました。
でも気温の高い暑い時期とか心配ですよね。
汚水タンクの状態を確認しながら、交換するのがいいと思います。

 

定期的な各パーツのメンテナンスは必要

  • ダストボックスとフィルター部分:ゴミを除去⇒洗浄⇒乾燥
  • 本体のブラシ:絡まりを除去
  • ロボット掃除機本体:汚れを拭き、絡まりを除去
  • 全自動クリーニングステーション:洗浄シンクを洗浄/汚水タンクを空にする/清水タンクフィルターのクリーニング
  • ダストバッグ:新しいダストバッグに交換
  • ステーション下部のフィルター:洗浄

 

フィルター類は水洗いができるのもいいですよね。
メンテナンス&消耗品の交換頻度は取扱説明書に詳細が記載されています。

 

お手入れも簡単なECOVACS DEEBOT T10 OMNIはこちら
▼ ▼ ▼

 

DEEBOT T10 OMNIの機能や特徴は?

【↑クリックすると楽天市場にページ移動します】
 

DEEBOT T10 OMNIは全自動で拭き掃除してくれてとっても便利です。
詳しい機能を説明していきますね♪

 

DEEBOT T10 OMNIは自動クリーニングステーションで日々自動ゴミ収集、モップ洗浄を行ってくれます。
それも、最大60日分のゴミを収集可能なんですね。ゴミ捨ての手間も減ってかなり楽になりそう。

ロボット掃除機本体が部屋の掃除を完了させると、自動でゴミ収集機内の密集型紙パックに吸い上げます。そのたまったゴミは紙パックごと交換するので、捨てる際にホコリの舞い上がりもありません。

 

自動化で人の手を完全に解放

エコバックスDEEBOT T10 OMNは、ゴミ収集&水拭き&モップの自動洗浄の全自動化が実現したロボット掃除機です。

・自動ゴミ収集機能:3L大容量ゴミパック/60日間/ホコリが舞い上がらないゴミパック
・全自動水拭きシステム:モップ自動洗浄/熱風による自動乾燥/清水&汚水タンク分離

 

パワフル吸引力で根こそぎ吸い取る

【↑クリックすると楽天市場にページ移動します】
 

DEEBOT T10 OMNI の吸引力は全部で4段階(静音・標準・最大・最大+)
【物を浮き上がらせる力(Pa)】は現在あるロボット掃除機の中ではトップクラスです。

最先端のカタツムリ型のファンや、グラスファイバーファンブレードの組み合わせがパワフルな吸引力を実現。

カーペットなどを関知して、自動で吸引力をあげたり、吸引力の強さも音声で操作できます。

 

水拭き機能で床もピカピカ

DEEBOT T10 OMNIの機能の一つ水拭きシステム。ゴミを吸い取るだけではなくて、しっかりと圧力をかけながら力強く回転する2つのモップで汚れを強力に拭き取ります。

水拭きの水量は全部で3段階。床の汚れ具合に応じて調整が可能ですよ。

また、水拭きモードの時にカーペットを察知して、避けてくれます。
カーペットを水拭きされたら困りますよね^^;
安心して水拭きを任せられるのがいいところ♪

 

マッピングで効率的な掃除が可能

【↑クリックすると楽天市場にページ移動します】
 

DEEBOT T10 OMNIのマッピングテクノロジー「True Mapping2.0」は高性能。

部屋の間取りをセンサーで測定し、記憶することによって掃除を効率的に行ってくれます。

距離や位置、形状を正確に測定することもできるんですね。また、アプリからロボット掃除のルートをリアルタイムで確認でき、指示出しも簡単♪

 

AI障害物回避システムで掃除前の片付け不要

【↑クリックすると楽天市場にページ移動します】
 

ECOVACS DEEBOT T10 OMNIはAIVI3.0障害物検出・回避システムを搭載しています。30種類のものを見分けられるんですよ。

コード類や小物、テーブルの脚など、部屋の中にあるものを避けながら掃除をします。とても賢いので、掃除すればするほどそれを学習して覚えてくれるんです。

掃除前の部屋の片付けがいらないなんて…これはかなりうれしいかも^^

 

ECOVACS DEEBOT T10 OMNIの口コミレビュー&水拭きの仕組み まとめ

以上、ECOVACS DEEBOT T10 OMNIの口コミレビューと水拭きの仕組みをお伝えしました。

水拭き機能が付くと、やはり価格は高めになってしまいますよね。それでも清掃効果・効率を考えると、その機能は魅力です。

実際に、

  • 自動なので楽
  • 手を汚すことがないのがいい

など、人が動くことなく部屋がキレイになるのが良いという口コミレビューが主なものでした。

確かに値段的には安くはないですが、この機能でこれだけの仕事をするっていう点では、他のメーカーと比べてもコスパ的には悪くないと個人的には感じます。

本体タンクを省いたことにより、設定価格も抑えられていますよ。
お手入れが簡単なところもいいですね♪

 

パワフルロボット掃除機エコバックスDEEBOT T10 OMNIはこちら
▼ ▼ ▼

 

>>>DEEBOT X1 OMNIとT10 OMNIの違いはこちらの記事でご紹介しています

タイトルとURLをコピーしました