トゥルームーンピローの口コミ評判や特徴は?ブルーブラッドとの違いは?

トゥルームーンピローは、独自の製法でウレタンフォームとジェルと融合させた素材を使った枕。水のようになめらかなスーパーソフトタッチの感触が人気です。

そのトゥルームーンピローの特徴と気になる口コミ評判ではどんな評価が多いのかをご紹介。
また、同じようにジェルとウレタン素材を使用している「ブルーブラッド」ピローとの違いを調べてみました。

トゥルームーンピローの口コミ評判での評価はどんな感じ?

トゥルームーンピローの口コミレビューでの評価は高いものが多いです、幾つかご紹介しますね。

評価の高いトゥルームーンピローの口コミレビュー

★トゥルームーンは、ジェルを使っているせいか初めて触る感触。低反発よりフワフワかつ多少のプニプニ感があるので個人的には気に入った。今までは、高さを確認してから枕を買っていたが、このトゥルームーンピローはうまく調整してくれるので気にしなくて良い。枕を使っている意識というより、枕を使っていたんだ…と思い出すくらいに自然に馴染んでくれている。

★今までの枕は少し硬めで、翌日には肩がこったり体がダルかったりしていた。トゥルームーンピローが届いたて早速使ってみたところ、頭をのせるとフカフカ、頭を外すと元の形に戻って不思議な感触だ。使用翌日には肩こりもなくスッキリしていた。

★なかなか自分に合う枕がなく、トゥルームーンピローのレビューを参考に購入してみた。低めで柔らかい枕が好みなのだが、届いてみて袋から出したらトゥルームーンピローは決して低くはなく、触ってもさほど柔らかくもない感じ…でちょっとガッカリした。それでも一晩寝てみると、後頭部から首にかけてそのまま沈んで支えられる感じがあり、翌朝は首周囲の変なストレスもなかった。圧が集中しないので楽、結果、低めが好みの人におすすめしたい。

★商品が到着して使ってみたら柔らかいという印象。今までの枕はフィット感がなくトゥルームーンピローを購入してみたのだが良い感じ。今のところは満足しているが、寝具はしばらく使ってみないと最終的な判断はできない。

★トゥルームーンピローはかなり柔らかめ、シットリした感じが良い。

★前に使っていた枕が合わず、低くてホールド感のある枕を探していてトゥルームーンピローを購入した。使ってみると枕の存在感がなく、どんな姿勢でも首に負担がかからない。早速家族用に追加でもう1つ注文した。

★頸椎の手術をしているため、自分に合う枕がなかなか見つからずにいた。このトゥルームーンピローは首や肩のこりがあまり気にすることなく良く眠れる。価格もそれほど高くなくて大変良い商品だと思う。

★届いたトゥルームーンピローは使う前は柔らかすぎるかも?と思ったが使ってみたら凄く良かった。

★トゥルームーンピローを実際に見てみると、思ったより大きいし、初めて使った日には少し柔らかすぎ…と思いながらもいつの間には眠ってしまっているという感じだった。翌日からは柔らかさが気持ちよくなり、とても気にいっている。

★頸椎ヘルニアになってから1ヶ月、朝起きたときが一番ツライ。それがトゥルームーンピローを使った日から夜中に起きることもなく、朝が迎えられるようになった。タオル枕や枕なしやストレートネック用の枕など使ってきたが、やっと出会えた枕。

一方、評価が低い口コミレビューもありました…

評価の低いトゥルームーンピローの口コミレビュー

★肩こりが酷くて良くなるなら…と期待してトゥルームーンピローを購入してみたが…気持ち良い柔らかさではあるものの、頭が沈んでから、もう一息沈んで欲しいところで止まってしまう。沈んで欲しい頭と上に押し上げたい圧が相互に戦っているようだ。そのため、翌朝には首や肩が痛くなっている。自分には合わないと思い家族に使わせてみたが、それでも不評だった。

★かなり期待して使ってみたが、自分には合わなかったようだ。

★触るとトゥルームーンはとても柔らかいが、寝てみると思ったほど沈まないのか自分には少し高かった、男性には良さそうな感じ。低めが好みの人には向かないかもしれない。

★とても柔らかく、仰向けに寝ている時は良いのだが横向きでは柔らかすぎて沈んでしまい、肩が支えられないので痛くなってしまう。なので、仰向けに寝る人には良いが横向き寝の人にはあまりおすすめではないという感想だ。

トゥルームーンピローの特徴やブルーブラッドとの違いは?

トゥルームーンピローのここが良い!って特徴をご紹介しますね。

ポイント1:枕を超える「枕」

トゥルームーンピローは、独自の製法で作られた究極の枕。ジェルとウレタンを融合しているため、あり得ない感触を体験できます。

ポイント2:圧倒的な素材のポテンシャル

実際に使ってみて初めてわかる新素材による幸せな気分。ジェルだけがもつシットリとなめらかな感触が「水のようになめらか」を実現しました。

ポイント3:理想的な安眠スタイル

頭部から首筋にかけて使う人に合ったバランスでゆっくりと、そしてしっかりと密着し、頭や首を支えます。この理想的なサポートは、トゥルームーンの繊細なバランスならでこそ。

ポイント4:モダールを採用した専用カバー

トゥルームーンピローの専用カバーは、モダールを採用しています。

【モダールの特徴】
●シルクのような輝きと良好な吸湿性~素肌感覚の柔らかな生地。
●麻や綿と比較して見た目に高級感があり、ドレープ性がある~なめらかでシットリした温もりが感じられる感触、オールシーズン使いやすい素材で敏感肌にも安心。
●洗濯可能~いつでも洗えて清潔に保つことで、より良質な睡眠が得られる。(枕本体の洗濯はNG)

ポイント5:国際的な安全証明

トゥルームーンピローは、身体に有害な物質が含まれていないことがエコテックスにより証明されています。

【エコテックス】
繊維の全加工段階で取得可能の認証~有害物質に敏感な欧州市場や繊維製品の流通において世界各国で重要な存在。

ポイント6:1年保証付き

トゥルームーンピローには、品質保証が付いています。
低反発枕というと心配なのがヘタりの問題。1年保証がついているので安心です^^
(※保証内容は中材のヘタリに関してのみ~内容は保証書を参照)

トゥルームーンピローとブルーブラッドの違いは?

トゥルームーンピローもブルーブラッドも「ジェル+低反発ウレタンフォーム」仕様の枕なのですね。ではどこが違うのかというと…ザックリですが^^;

【価格】
・トゥルームーンピロー:5,980円(税込)
・ブルーブラッド:6,980円(税込)

今後価格の変動があるかもしれませんが、定価は1,000円ほどトゥルームーンピローの方がお安いですね。

【タイプ】
・トゥルームーンピロー:1種類(ソフトタイプ)
・ブルーブラッド:レギュラー[12cm、8cm]/ソフト[8cm]

ブルーブラッドの方は枕の高さによって2タイプ展開(ソフトは8cmのみ)となっています。トゥルームーンピローの枕の高さは不明ですが、かなり柔らかめでシットリしているとう印象を持った人が大多数ですので、あまり高さがないと底付き感を感じてしまう可能性がありそうなので12cm前後はあるのでないかと思います。
ブルーブラッドでもソフトタイプでは、低めの8cmの取り扱いがありません。

【サイズ】
・トゥルームーン:約63×43cm
・ブルーブラッド:約65×40cm

大きさについては、さほど変わりはないようですね。

【素材】
・トゥルームーンピロー:カバー[モダール使用]/中材[ウレタンフォーム]
・ブルーブラッド:カバー[テンセル使用]/中材[ウレタンフォーム]

カバーの素材は、どちらも吸湿性の良好なものを使っているようです。中材のウレタンフォームはジェルとの配合率は不明ですが、それによって柔らかさを調節しているものと考えられます。

【保証】
・トゥルームーンピロー:1年保証あり
・ブルーブラッド:保証なし

もっと決定的な違いがあるのかもしれませんが、調べたところではこんな感じでした~。

さいごに

自分にピッタリ合った枕を見つけるって結構大変ですよね。幾つも試してみたけどシックリこないって人も多いようです。

トゥルームーンピローは、口コミレビューも評価が高く、価格もリーズナブル。枕にお悩みの方は試してみてはどうでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする