当ブログの記事内には広告が含まれています
PR

赤べこが首振りする意味は?首振りの仕組みや人気の理由も解説!

赤べこ首振り意味 地域・旅行

赤べこが首振りするのってどんな意味があるの?と不思議に思ったことはありませんか。
赤べこは福島県の伝統工芸品であり、その首が左右に振れる特徴があります。

首振りは「振り払う」という意味があると考えられていますが、実際のところは分かっていません。
その点を含めて、赤べこに込められた願いや歴史をざっくりと解説します。

参考にしていたけるとうれしいです^^

赤べこが首振りする意味は?

赤べこが首振りするのは、病魔や災いを首を振ることで振り払っているという意味があるともいわれているようですが、はっきりしたことは分かっていません。

子どもをあやすため、とも考えられているみたいですね。

赤べこの首振りの仕組み

赤べこは、首の後ろに重りが取り付けられており、それが前後に揺れることで首が左右に振れます。
重りは、鉛や粘土などで作られていることが多く、重さのバランスによって首振りの速さや強さが変わるんですね。

また、首と胴体の間にバネが入っているものもあり、これが首振りの動きをさらに自然なものにしています。

赤べこが作られた理由

赤べこは江戸時代の初期に、福島県会津地方で作られたのが始まりとされています。
当時は、天然痘などの伝染病が流行しており、人々は病魔への恐怖から様々な信仰や民芸品に頼っていました。
赤べこも、そのような中で生まれた民芸品であり、郷土玩具です。

牛は、農耕民族である日本人にとって身近な存在であり、力強く勤勉な動物として重宝されていたもの。
また、赤い色は古来より、魔を祓う力があると信じられてきました。
こうしたことから、牛の形をした赤い人形が、無病息災や魔除けのお守りとして親しまれるようになったのです。

赤べこには、様々な願いが込められています。

主に以下の5つが挙げられているので、それぞれについて解説しますね。

無病息災のお守り

赤べこは、江戸時代に流行した天然痘(疱瘡)の予防・除けのお守りとして親しまれてきました。
首を振る姿は、病魔を振り払う様子を表しているともいわれています。

魔除け

赤色は古来より、魔を祓う力があると信じられてきたとのこと。
赤べこは赤い牛の形をしているため、魔除けの効果があるとされています。

五穀豊穣

牛は農耕に欠かせない動物であり、五穀豊穣の象徴とされています。
赤べこは、牛の力強さを借りて豊作を願う気持ちが込められているんですね。

商売繁盛

牛は勤勉で力持ちな動物として知られています。
赤べこは、牛のこうした特性を借りて商売繁盛を願う気持ちが込められています。

家内安全

牛は家族思いの動物とされています。
赤べこは、牛のこうした特性により、家内安全を願う気持ちが込めらたということです。

赤べこが魔除けになる理由

赤べこは魔除け効果があるとされ、玄関や台所に飾られることが多いんですね。

魔除けになると言われる理由は、主に以下の3つが挙げられます。

赤い色

赤色は古来より、魔を祓う力があると信じられてきました。
赤べこは赤い牛の形をしているため、魔除けの効果があるとされています。

牛の力

牛は力強く勤勉な動物として知られています。
赤べこは牛のこうした特性を持つものとして、魔を退散させると考えられています。

首振り

赤べこは首を振ることで、病魔や災いを振り払う様子を表しているとされているんですね。

赤べこの首振りがかわいいと人気の理由

赤べこは首を振る姿が愛らしく、子どもから大人まで幅広い世代に人気があり、親しまれています。

その理由は、主に以下の3つ。
それぞれ解説しますね。

ユーモラスな動き

赤べこは首を前後に揺らしながら左右に振るという、ユーモラスな動きをします。
この動きは、見ている人の気持ちを和ませてくれますよね。

素朴なデザイン

赤べこは素朴なデザインで、どこかしら懐かしさを感じさせます。

色は赤というインパクトがありながら、派手な装飾がなくシンプルなデザインだからこそ、長く愛され続けているようです。

親しみやすさ

赤べこは牛のキャラクターなどでも馴染みのある牛の形をしているため、親しみやすいという声も上がっています。

赤べこが首振りする意味は? まとめ

赤べこが首を振る理由は、無病息災のお守り、魔除け、五穀豊穣、商売繁盛、家内安全など、様々な願いが込められています。
また、その愛らしい首振りと素朴なデザインから、多くの人々から親しまれているんですね。

赤べこは、単なる民芸品ではなく、日本の伝統文化を象徴する存在。
近年では、海外でも赤べこが人気を集めており、日本文化への関心を高める役割も担っているんですよ。

見ているだけでほっこりする赤べこをお部屋に飾ってみてはどうでしょうか。
縁起物としてプレゼントするのにも最適です。

タイトルとURLをコピーしました