当ブログの記事内には広告が含まれています
PR

サーキュレーション扇風機3D EF-E951WとEF-E952Wを比較!違いは4つ!

サーキュレーション扇風機 季節・空調家電

サーキュレーション扇風機3D EF-E951WとEF-E952Wは2024年4月に販売される、ツインバードの新商品。

大風量なのに心地良く圧迫感を与えない仕様が特徴です。

3D EF-E951WとEF-E952Wは同時発売ですが、大きな違いは4つあります。

  1. 3D EF-E951Wは3D首振り&自動上下首振り機能搭載
  2. 本体サイズ&高さ調節段階が違う
  3. 消費電力が違う
  4. 販売価格が違う

どちらもサーキュレーションモード搭載の扇風機で、効率良く空気を押し出すことができきる上、静音仕様。

違い・共通仕様について、本文で詳しくお伝えしますね。

3D EF-E951Wはこちらです
▼  ▼  ▼

EF-E952Wはこちらです
▼  ▼  ▼

サーキュレーション扇風機3D EF-E951WとEF-E952Wの違いを比較

3D EF-E951WとEF-E952Wの大きな違いは以下の4つです。

  1. 3D EF-E951Wは3D首振り&自動上下首振り機能搭載
  2. 本体サイズが違う&高さ調節段階が違う
  3. 消費電力が違う
  4. 販売価格が違う

それぞれの違いをご紹介します。

3D EF-E951Wは3D首振り&自動上下首振り機能搭載

ツインバードの3D EF-E951Wは3D首振り機能が搭載されています。
加えて上下最大約100度の自動首ふりが可能です。

左右、上下の首振りを同時に行うことで、より広範囲に風を送ることができますよ。

また、サーキュレーションモード時に3D首振り機能を使えば、直接風を届けることができるので、衣類乾燥に役立ちます。
自然乾燥と比較して、素早く乾燥することが可能です。

3D EF-E951WとEF-E952Wはサイズと高さ調節段階が違う

サーキュレーション扇風機3D EF-E951WとEF-E952Wはサイズと高さ調節段階がが違います。

【サイズ】
●3D EF-E951W(W×D×H):約350×350×905mm/高さ最小時 約740mm
●EF-E952W(W×D×H):約350×350×925mm/高さ最小時 約730mm

【高さ調節】
●3D EF-E951W:7段階
●EF-E952W:8段階

3D EF-E951WとEF-E952Wは消費電力が違う

サーキュレーション扇風機3D EF-E951WとEF-E952Wは消費電力が違います。

●3D EF-E951W:19W⇒1時間当たり約0.53円/8時間約4.22円
●EF-E952W:17W⇒1時間当たり約0.59円/8時間約4.71円

※最大限の機能の場合(風量着切替・首振りなど)/※31円/kWh(2022年7月改定)

3D EF-E951WとEF-E952Wは販売価格が違う

ツインバード扇風機3D EF-E951WとEF-E952Wは販売価格が違います。

●3D EF-E951W:19,800円(税込)
●EF-E952W:14,800円(税込)

より高性能の分だけ、3D EF-E951Wのほうがお値段は高めです。

3D EF-E951WとEF-E952Wの比較表

3D EF-E951WとEF-E952Wの仕様の比較表はこちらです。

項目3D EF-E951WEF-E952W
サイズ約350×350×905mm/高さ最小時 約740mm約350×350×925mm/高さ最小時 約730mm
高さ調節7段階8段階
羽根枚数9枚9枚
最小運転音20dB以下(風量1)20dB以下(風量1)
質量約4.7kg約3.7kg
風量切替10段階サーキュレーションモード10段階サーキュレーションモード
最大風速180m/min180m/min
最大風量50㎥/min50㎥/min
上下首振り約100度(自動)上~約90度/下~約10度(手動)
左右首振り約45度・75度・120度(自動)約45度・75度・120度(自動)
オフタイマー約1/2/4/6時間・オートオフタイマー8時間自動設定約1/2/4/6時間・オートオフタイマー8時間自動設定
オンタイマー約2/4/6/8時間約2/4/6/8時間
モードリズム・おやすみ・サーキュレーションリズム・おやすみ・サーキュレーション
チャイルドロック
消費電力19W17W
リモコン
価格19,800円14,800円

機能面の大きな違いとして、やっぱり上下最大約100度の風を送れるというところ。
しかもEF-E952Wでは手動で角度調節が必要ですが、3D EF-E951Wではより広い範囲が自動でできます。

さまざまなシーンに合わせて活用できますね^^

サーキュレーション扇風機 3D EF-E951WとEF-E952Wの共通の機能や特徴

ここからは3D EF-E951WとEF-E952Wの共通の機能や特徴についてお伝えします。

どちらにも搭載されている機能としては、

  • 大風量なのに静か
  • 空気循環・換気に便利なサーキュレーションモード搭載
  • 省電力で家計に優しい
  • 工具不要でガード&羽根が外せてお手入れが簡単

それぞれについて解説しますね。

3D EF-E951Wはこちらです
▼  ▼  ▼

EF-E952Wはこちらです
▼  ▼  ▼

大風量なのに静か

サーキュレーション扇風機はしっかり風を送ることができる大風量。
その上、静音性が優れています。

羽根の面積をできるだけ大きくすることで大風量を実現するとともに、風切り音や風のムラを9枚羽根によって最小限に抑えているんですね。

ジェット機のエンジンと同じ思想でサーキュレーター羽根が設計されています。
どちらも風量1の場合であれば、運転音は20dB以下です。

20dBの騒音レベル:深夜の静かな住宅街、図書館の閲覧室など
(※3D EF-E951Wでは風量8以下・EF-E952Wでは風量6以下で図書館レベル)

空気循環・換気に便利なサーキュレーションモード搭載

ツインバードのサーキュレーション扇風機は大量の空気を一方向に送ることができ、室内に空気の流れをつくります。
これにより、首振りしなくても空気を循環させることが可能です。

夏は冷房と併用することにより、部屋の床付近にたまりやすい冷気を循環させ、冷えすぎない涼しい風が体に届きます。

冬は暖房と併用することで、部屋の天井付近にたまりやすい暖気を循環させることで、部屋全体を均一に暖めます。

省電力で家計に優しい

サーキュレーション扇風機の電気代は1時間当たりの運転で約0.04円です。
(※風量1の場合)
(※31円/kWh<2022年7月改定>)

消費電力仕様なので家計に優しく、季節を問わず使うことができます。

工具不要でガードと羽根が外せてお手入れが簡単

ツインバードのサーキュレーション扇風機は、工具を使わなくても分解できます。
前ガード、羽根、後ろガードは水洗いできるので衛生的。

お手入れが簡単なところもいいですね^^

サーキュレーター扇風機3D EF-E951WとEF-E952Wどっちがおすすめ?

3D EF-E951WとEF-E952Wとでは機能が多少違います。
以下に、それぞれどんな人におすすめなのかを記載します。

3D EF-E951Wがおすすめの人

  • より広い範囲に風を送りたい
  • より静音性が優れているほうがいい
  • 首振り機能が上下・左右とも自動がいい

3D EF-E951Wはこちら
▼  ▼  ▼

EF-E952Wがおすすめの人

  • 基本機能はそのままで価格をできるだけ抑えたい
  • 消費電力がわずかでも低いほうがいい

EF-E952Wはこちら
▼  ▼  ▼

サーキュレーション扇風機3D EF-E951WとEF-E952Wを比較!違いは4つ! まとめ

以上、3D EF-E951WとEF-E952Wの違いをお伝えしました。

主なものは、こちらの4つです。

  1. 3D EF-E951Wは3D首振り&自動上下首振り機能搭載
  2. 本体サイズ&高さ調節段階が違う
  3. 消費電力が違う
  4. 販売価格が違う

3D EF-E951WとEF-E952Wは、どちらも静かでパワフルな風量で空気循環を効率的に行う扇風機。

ニーズに合わせて選ぶのがよさそうですね。

タイトルとURLをコピーしました