当ブログの記事内には広告が含まれています
PR

デオナチュレの足用を脇に使うことはできる?使ってみた人の口コミは?

デオナチュレ足用脇に使う 日用品雑貨

デオナチュレには脇用の他に足用に特化したクリームとソフトストーンの22種類のタイプがあります。

足用を脇に、脇用を足に使うことができるのかなって考えている人もいるのでは?
何本も用意するのは面倒だし、1本で使い回せたらって思いますよね。

結論からいえば、足用のデオナチュレを脇に使うことはできます。

本文で詳細の解説と、足用と脇用の違い、また使ってみた人の口コミをご紹介。
ぜひ、参考にしてみてください^^

デオナチュレの足用を脇に使うことはできる?安全性は?

デオナチュレの足用製品は、足の汗や臭いを抑えるために特化した商品です。
しかし、その成分や効果の面から脇に使うことも可能。

ただし、皮膚の敏感性は個人差が大きいため、注意が必要です。

公式ページでは、デオナチュレ全般に関して、化粧品に通常使われている成分のため、体の他の部分に使用しても問題はないが、脇の下や足用の商品なので、推奨してはいないとのこと。
また、足指さらさらクリームを脇に使用しても問題ないが、他の製品と比較して香りが強いので注意してください記載がありました。

足と脇では皮膚の厚さや汗の質が異なります。
そのため、足用の製品は脇に使用する際、刺激を感じる可能性もあり。

特に、敏感肌の方は皮膚が赤くなったりかぶれたりするリスクが高まることもあるんですね。

デオナチュレの足用製品を脇に使用する場合は、まず小さな範囲でパッチテストをしてみると安心ですね。
取りあえず、足ではない肌への反応を確認できます。

消臭についても実感している人が多くいるデオナチュレなので、足用の製品でも脇の臭いを抑える効果は期待できそうですね。

それでも、最適な効果を得るためには、用途に合わせた商品選び大切です。

デオナチュレの足用と脇用の違いは?

デオナチュレの足用と脇用の違いについて解説しますね。

脇用も足用も、デオナチュレ特有の天然デオドラント成分「アルムイシ」である焼きミョウバンが配合されています。

しかし、それぞれ対象とする体の部位に最適化されているんですね。。

足用は、足特有のムレや臭いを考えて開発された商品。
例えば例えば足指ストーンは、ティーツリーなどの殺菌消臭作用のある成分も配合されています。
脇用よりも足指に塗りやすいスリムスティックで手を汚さずさっと使える形状です。

一方、脇用はさらっとした塗り心地や、くすみカバーができたり、防腐剤フリーのものもあります。

それぞれの製品は、特定の体の部位に最適な成分や配合で作られているため、できるなら使用する部位に応じて適切な製品を選ぶのがいいですね。

デオナチュレの足用を脇に使ってみた人の口コミ

デオナチュレの足用は2タイプ。
「ソフトストーン足指」と「足指さらさらクリーム」です。

クリームのほうは「男デオナチュレ」シリーズもあります。

調べてみると、デオナチュレの足用を脇に使っている人も実際いるんですね。
それらをざっとご紹介します。

ソフトストーン足指⇒脇
・脇にも使っているが効果は変わらずあり

足指さらさらクリーム⇒脇
・ちょっと塗りづらいが消臭は割と長時間効果あり
・脇や他の部分に塗っても臭いが抑えられていい
・足以外でも脇などに塗ると嫌な臭いがしなくなる

足用のデオナチュレを脇に塗っても、効果は実感できたという口コミがありましたが、塗った後の肌の状態に関したものは確認できませんでした。

あくまでも記載されているものだけになりますが、足用を脇に使っても肌トラブルなどはないようですね。

デオナチュレとデオナチュレ男シリーズはどこが違う?

デオナチュレには、「足指さらさらクリーム」と「男足指さらさらクリーム」があります。
これらの違いは、「クール感」です。

効果・効能は同じでも男シリーズのほうにはメントールが配合されていて、クール感があるんですね。(※足指さらさらクリームは無香料)

「男」とはなっていますが、お好みで女性が使ってもOKですよ^^

デオナチュレの足用を脇に使うことはできる?使ってみた人の口コミは? まとめ

デオナチュレの足用を脇に使うことがでできるのか、また、違いや口コミなどをご紹介しました。

デオナチュレの足用商品を脇に使用することは、基本的には可能ですが、注意が必要です。
足用のものは、足の特有のムレや臭いを抑えるための配合がされています。

問題になる可能性は少ないとはいえ、脇は足よりも皮膚が薄い部分。

赤くなったりする可能性がゼロではないことから、特に敏感肌の方や肌トラブルを起こしやすい方は、脇用の商品がおすすめです^^

タイトルとURLをコピーしました