レジカゴバッグは保冷、折りたたみ可能が基本!楽天の人気筋は?

エコバックやレジカゴバックを使用している女性ってかなり多いですよね。
スーパーでレジ袋が廃止されてからというもの、いつもエコバッグを持ち歩いている人も少なくありません。

エコバックよりも大きめなレジカゴバックは主に主婦の方の利用が多いようです。
そして、レジカゴバックに求める機能は、基本的に「保冷」「折りたたみ」かと。

楽天では、そのレジカゴバック、かなりの種類を取り扱っていますよ。
その中でも、上記条件を兼ね備えている、おすすめのレジカゴバッグを口コミ、レビューを交えてご紹介します。

レジカゴバックを使うことで「時短」になるが、他の機能も欲しい

レジカゴバックは、レジ係の店員さんが会計時に直接ソレに品物を入れてくれるので、移し替えをしないでそのまま持ち帰れるのが便利です。

通常行っている行為を一つ省けるので、時短にもなります。小さな子供連れだとしたら、たったコレだけの違いでも、結構なメリットといえるのではないでしょうか。

そうでなくても、忙しい主婦には嬉しい限り。
面倒くさがり屋さんにも有り難いことかも^^;

…ですが、ただ時短になるだけでなく、店舗から自宅までの移動の際「食材を傷ませない」「少しでも、持ち歩きに邪魔にならない」ってのも、望んでしまうわけです。

夏なんか特に保冷機能は必須。そして、かさばり感が気になるレジカゴバックは、少しでもコンパクトにしたいので、折りたたみできるタイプが良い…ってな感じですかね。

人によっては底板付きであれば、たくさん買い物をしても、底がたわまなくて良いかも♪なんてこともあるかもしれません。
まぁ、この場合は、コンパクトさはあまり期待できませんが^^;

…となると、使い勝手を考えて最低必要なのは…

●保冷機能
●折りたたみ可能

かな…と思います。

楽天の「保冷」「折りたたみ」機能付きのレジカゴバック人気筋、口コミは?

楽天市場では、取り扱っているレジカゴバックの種類が豊富です。
そして、「保冷」機能付き、「折りたたみ」ができるタイプがあるので、幾つかご紹介しますね。

1.ファニーフィールドクーラーレジカゴバッグ

コチラは柄が6種類(色欠けあり)。折りたたんでマジックテープで止めればコンパクトになるという仕様。
メッシュの内ポケットがあるので、保冷剤を入れることができます。

<口コミ、レビュー>

★口が大きく開いてセットしやすいし、タップリ入る。自分で入れるときも形がしっかりしていから入れやすい。

★商品は可愛いし、重宝している。

2.保冷マルチドットレジカゴバッグ

こちらも、折りたたみができてコンパクトになります。説明通りに畳んでいけば、バッグに元々取り付けてあるボタン同士を留めることによって、固定できます。
ドット柄は、ネイビーとホワイトの2種類です。

<口コミ、レビュー>

★しっかりしている。

★使い勝手が良く、もっと早くに購入すればよかった。持ち手の長さも丁度良い。

3.バスケットプリントショッピングトート

コチラは、口コミ、レビュー数もそこそこあって、良い評価が多いです。

リアルなカゴプリントの雰囲気も相まって、人気があります。
他のタイプよりも高めですが、個人的には、このレジカゴバッグがおすすめ^^

ただ、折りたたみに関しては、それほどコンパクトさを明記していません。
底板付きでなく、それほどかさ張らないはずなので、畳んで可愛いゴムなんかで留めれば問題ないかとは思いますよ。

そして、嬉しいオマケ付き^^
商品到着後、レビューを書くとプレゼントが貰えます♪(購入の際には、必ず「はい、レビューでプレゼント希望♪」を選択してください)

<口コミ、レビュー>

★作りがしっかりしている。詰め込んだとしても巾着になっているので、自転車に乗っていて中のものが落ちることない。

★可愛い柄だと気になって、ついに購入。…やっぱり可愛かった。

★購入後、実物みて安心。作りがしっかりしていて、デザインも素敵。思い冷凍食品の買いだめもできそう。ポケットの幅がもう少し広ければ、なお良かった。

★大きくて使いやすそう。

★他のレジカゴバッグとくらべて値段が高めだが、バッグ自体が自立するなど、使い勝手は良い。外側のポケットには、予備のエコバッグなんかを入れられて便利。

ご紹介した3種類のレジカゴバッグは、保冷機能付きでどれもスーパーの買い物カゴに適応している大容量サイズです。
どれも巾着タイプなので、しっかり閉まって効果的に保冷ができます。巾着は中が覗けないのも良いところですよね。

1と3は、外側の前面にポケットが付いています。鍵や財布を入れておけるというのは何かと便利で、ちょっとだけポイントが高いかも。

レジカゴバックの使い方~スマートに要領よく

レジカゴバッグの使い方は、スーパーの買い物カゴにセットするだけなので、とっても簡単。
ただ、お店によっては、使うのを断られることもあるようなので確認が必要です。

前の人が精算をしているうちに、空いたスーパーカゴに自分でレジカゴバッグを装着しておけば、店員さんがレジ打ちにスムーズに移れるでしょう。
ただ、前の人のモタモタ具合によっては、タイミングが難しそうですけどね^^;

何回か使用するうちに、レジカゴバックを使うことによる気後れ感や、タイミングには慣れてきますよ。

さいごに

便利なレジカゴバックですが、レジ係の人にってはちょっと迷惑そうな顔をする人もいるとか。
詰める際には、「硬い、柔らかい、大きい、小さい」…など、配置を考えながら行わなければならないので、その手間と、負担があります。レジに列をなしている場合なんかは特に。

「レジバッグに入れてもらうのが当然」みたいな客は嫌われます。

「できれば自分でセットする」、「非効率なぴったりハマらない規格外(スーパーカゴより遙かに小さいものなど)のレジカゴバックは使わない」…などのマナーを守って使用するのが良さそうですね。