宮崎県栗きんとん「栗之介」楽天通販の口コミ評判は?複数買いがお得!

栗きんとん「栗之介」は、楽天でも栗きんとん旋風を巻き起こす程の話題の商品。

栗の時期に販売されて注文が殺到するのですが、完売してしまうこともあるくらい人気なんですね。また、そのシーズンがやってきました。
栗之介は、たくさん買えば買うほど、お得になる仕組み!

更にパワーアップした宮崎県産栗きんとん「栗之介」の特徴とその美味しさの理由、また、楽天通販での口コミ評判での評価のほどは?…についてご紹介します。

栗きんとん栗之介の美味しさの理由は?

より美味しくなった宮崎の栗きんとん「栗之介」の美味しさの理由、特徴をお伝えしますね。

◎濃厚すぎる味!
ふわ~っとホンノリ甘い栗きんとん栗之介は、純度100%の無添加です。余計なものが入っていず、ホンノリした上品な甘さが年代問わず好まれ、家族皆で食べられます。

◎栗の名産地「宮崎県美郷町」限定商品
栗きんとん栗之介は、全国でも有数の栗の名産地である宮崎県美郷町のものが100%使われています。

[栄養満点の栗]
栗は、体に役立つビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6などのビタミンB群が豊富です。他にもタンパク質、ビタミンA、ビタミンC、カリウムなどなど。また、食物繊維も多くミネラル、亜鉛なども含まれています。

◎妥協しない職人魂
購入者に喜んでもらいたいとの一心から、職人が一つ一つ手間暇かけて作っています。

[栗きんとん栗之介の仕様・原料]
・内容量:1本180g
・1本のサイズ:W 40mm /H 160mm /厚さ 25mm
・原材料:宮崎県美郷町産栗、砂糖
・賞味期限:約1ヶ月※時期により異なる(直射日光、高温多湿をさけて保存)

宮崎県栗きんとん栗之介の口コミ評判での評価はどんな感じ?

人気沸騰の栗きんとん栗之介は、口コミから広まったとのこと。楽天の口コミ評判での評価もナカナカ高いものが多いです。幾つかご紹介しますね。

★去年も購入して、美味しかったので今年も。しっとりでホンノリ甘くて美味しい。友達と贅沢にお茶したい。

★食後のデザートとして手軽に食べられて美味しい。おやつに重宝する。

★2年前にも購入したことがあるが、美味しすぎて一度に丸々一本食べてしまったほど。…高いのであとで後悔したが。。。しばらく購入を我慢していたが、今回は3本購入。栗の香りも良いし、甘さも絶妙。口触りがなめらかで食べ始めたら止まらない。1本の大きさの割には高いと思うが旬のものなので1年、もしくは2年に一度の贅沢だから…と楽しんでいる。熱い煎茶と一緒にゆっくり味わうのが好き。…もう少し値段が安かったら購入しやすいのだが。

★レビューの評価の高さをみてお試しに買ってみた。美味しかったが少し高いと思う。リピはしないかな。

★思ったよりも小さく、かなり甘め。四角く形成してあるのも芋や栗羊羹風。個人的には芋ようかんの方が好きだしリピはなし。

★ねっとりして栗羊羹のような感じだった。普段あまり飲まない日本茶にピッタリ。もう少し甘さ控えめが好みだが、美味しくいただいた。

★この時期になると栗きんとんが食べたくなる。一つ一つは少し高いし、自分用としては十分すぎるほど高品質。この季節の自分へのご褒美として購入したが、本当に美味しい。

★栗そのものを食べていると思うくらい凄く美味しい。また食べきったら購入する。

★豊かな栗の風味が口の中に広がり、栗のかけら自体も少し残っている状態で入っているので食感もあって良い。甘みを抑えたものが好きなのだが、ほんのり甘いというよりは、それよりも甘さが感じられないような。残念なのは、掲載されている写真の大きさより小さく感じられたこと。

★届くまで1ヶ月近くかかったが、待つ甲斐があるほどの美味しさ。原料は栗と砂糖のみだが、甘みは強すぎず、栗の味がしっかりしていて、それでいてエグミはなし。お茶と一緒に食べると最高に贅沢な気分になる。

★無添加、無着色が嬉しい栗100%の栗きんとん。しっとりしてほんのり甘く、とても美味しく頂いた。

★しっかり栗きんとんを味わえた。ホンノリとした甘さと栗そのものが最高。あっという間に1本食べきった。今度は複数本購入せねば。

★食べてみたらビックリ。栗きんとんとはちょっと違った食感で美味しい。

さいごに

リピーター続出、一度食べればやみつきになること間違いなし!の宮崎県美郷町の栗をつかった栗きんとん「栗之介」。

まず、お試しで食べてみないと美味しいかわからないから…と1本だけ購入する…っていうのも良いかもしれません。
…が、「あぁ…もっと買っておけば良かった…」というこのないように、注文する際にはじっくり考えてからにしてくださいね。

まとめ買いがよりお得なのですよ~。

チェック!>>割引価格の3本セット

チェック!>>割引価格の5本セット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする