アピックスコーヒーメーカードリップマイスターADM-200口コミレビューの評価と使い方は?

アピックスAPIXドリップマイスターDripMeisterADM-200は、自動でのハンドドリップを再現したコーヒーメーカー。飲みたいときに簡単に本物の味を自宅で楽しむことができます。

そのドリップマイスターADM-200の口コミ評判での評価は高いのか?また、特徴や使い方をご紹介します。

アピックスドリップマイスターADM-200の口コミレビューは?評価はどう?

ドリップマイスターADM-200の口コミレビューでの評価は高いものが目立ちます、幾つかご紹介しますね。

★ドリップマイスターADM-200を使ってみての感想としては、音は静かだしドリップポットなど一々買い揃えずに手軽にドリップコーヒーが飲めるようになったのが良かった。個人的には淹れたてでもぬるめの温度に感じ、サーモスのマグに直入れして丁度いいくらいだ。フレンチプレスより好みの風味のコーヒーが飲めるようになり、コンパクトで複雑なパーツもないので、手入れも簡単で苦にならない。ただ、ホワイトはタンクの文字が見づらいので本体内側にマスキングテープなどを貼るなどして見やすくしたら良いと思う。また、ステンレス板は外してドリッパーをポットやマグに直にセットする方が飛び跳ねや汚れが出にくかった。

★コーヒーメーカードリップマイスターでは、沸かしたお湯、コーヒーフィルターに入れた豆をセットすることが必要だ。作りはスイッチ一つだけのシンプルなもので、お湯をいれた部分がグルグル回ってハンドドリップのようにコーヒーをいれてくれる。2杯分を入れるのに5分弱と割と時間がかかるが、ハンドドリップしたように美味しいコーヒーができるので気に入った。淹れられるのは2杯分までなので少人数用。

★今まで色々なコーヒーメーカーを使ってきたが、ひと手間かかるものの、ドリップマイスターADM-200で淹れたコーヒーが一番おいしい。ただ、冬だと出来上がりの温度が気になるとこかも。

★ドリップマイスターADM-200のお湯の注ぎ口が回転することに驚いた。ハンドドリップの要領でコーヒーの粉に均一にお湯が注がれる構造というのは素晴らしい。普段は円錐型のKONO式を使ってハンドドリップで淹れているが、忙しい時には、これで自動ドリップすれば十分に美味しいコーヒーが楽しめる。

★見た目もかわいくてコンパクトでとても気に入っている。中の計量カップの目盛りがやや見にくいが問題なく使えている。

★アレコレとコーヒーマシンを持っているが、コーヒーメーカーADM-200を使ってみたら満足できるものだと思った。保温機能はないが、1、2杯のコーヒータイムには最適だ。機能的にハンドドリップに近いのが良い。多少、割高感もあるがコーヒーの味がよくわかるので概ね満足。

★アペックスドリップマイスターADM-200は、自動回転してハンドドリップのようにコーヒーを淹れてくれるドリップマシーン。コーヒーを淹れてみたら、普通のコーヒーメーカーよりも珈琲豆の味わいが良くでていて美味しかった。

★クルクル回る様子が笑いを誘うが良い仕事してくれる。人に淹れてもらった感じの美味しいコーヒーができる。1杯分のときはマグカップに直入れ。長年のハンドドリップ派から一時期コーヒーメーカーを使っていたが、使用後の手入れが面倒で衛生面も気になり、結局ハンドドリップに戻った。そして、アペックスドリップマイスターは1回でも楽をしてしまうと、ドリップする手間が…という悩みを見事に解消してくれた。

★アペックスドリップマイスターは、豆を挽く機能はもちろんなく、お湯すら別に沸かす必要があるが、自分で淹れるよりも安定した味が楽しめる。一つ要望があるとすれば、ドリッパーが変えられると良いと思った。

★同価格帯の水を入れて作るコーヒーメーカーから比べれば手間はかかるが、ドリップマイスターADM-200は、それらよりも美味しく淹れられる。味の違いがあまりわからない私でも感じるくらいなので、買ってよかったと思う。

★絶妙のドリップをしてくれるドリップマイスターADM-200は素晴らしい。毎朝ハンドドリップをしてきて20年だが、脱帽だ。

★ひと手間加えてくれているような感じで美味しくなる。難しい設定もなくて良い。

★アペックスドリップマイスターは、自ら細口ケトルでドリップするのは面倒だが美味しいコーヒーが飲みたいという人向けのマシン。説明書通りにドリップするだけで飲み頃のコーヒーができる。

★ドリップだけをキチンとやってくれるものを探していたので、アペックスドリップマイスターADM-200は、その点では満足している。だが、普段使っているマグが入らなかったため、もう少し融通の利く構造にして欲しいのと、個人的に電気を使わずゼンマイを使うことができたら良いと思う。値段もサイズも小型化して大きなカップなどにも利用できたら良い。

アピックスドリップマイスターADM-200の特徴、使い方は?

ドリップマイスターDripMeisterのココが良い!って特徴をご紹介します。

ポイント1:ハンドドリップの美味しさを追求

ドリップマイスターADM-200は、ハンドドリップを追求した新しいカタチのコーヒーメーカーです。

●抽出温度の管理:給湯タンクを二重にすることで適した温度を保ちながら抽出し、飲み頃の温度でサーバーに落ちるよう設計。
●ハンドドリップを再現した独自構造:今までのコーヒーメーカーにはなかった独自構造の360度回転する給湯タンクを採用。3つのドリップ穴から均一かつ一定の速度でコーヒー粉にお湯を注ぐことで、コヒー豆の持つ奥深い味わいを引き出す。

ポイント2:簡単操作

お湯を入れてスイッチをオンするだけの簡単操作がこだわりのコーヒーができる。

ポイント3:オールシーズン使える

ホットでもアイスでも季節を問わず楽しめる。

ポイント4:お手入れ楽々

簡単にパーツが外せるため、いつも清潔に使用できる。

ポイント5:計量スプーン付

計量スプーが付属しているので、ドリッパーに粉を入れる際に便利。

【APIX DripMeisterコーヒーメーカーADM-200の商品仕様】
・カラー:BKブラック/WHホワイト
・サイズ:幅16.8×奥行き16.8×高さ29cm
・材質:本体~ABS/底部~PP/給油タンク~トライタン(コポリエステル)/給油タンク蓋~PP/ドリッパー固定プレート~ステンレス(SUS304)/ガラスサーバー~ガラス/ハンドル~オーク材
・容量:350ml以下まで
・本体重量:900g (アダプター含まず)
・電源:AC100V(50/60Hz)、ACアダプタ:5V/2.0A
・回転速度:3周/分
・保証期間:1年
・付属品:給湯タンク、給湯タンク蓋、ドリッパー、ドリッパー固定プレート、ガラスサーバー、計量スプーン、ACアダプター、取扱説明書(保証書含む)
・ACアダプター長:1.2m

コーヒーメーカーアピックスドリップマイスターADM-200の使い方

ドリップマイスターADM-200のお使い方は簡単です♪

1)ドリッパーにフィルターをセットしてコーヒー粉を入れる

2)ドリッパーを本体にセットする

3)給湯タンクとガラスサーバーを本体にセットし電源を入れる

4)沸騰したお湯を目印まで注ぎコーヒー粉を約20~30秒蒸らす

5)お湯を給湯タンクに入れて抽出させるまで待つ

7)必要な分量が抽出されたらドリッパーを外して電源を切る

8)できあがり(保温機能なしのため淹れたて味わう)

※使い方の詳細は取扱説明書に記載あり

さいごに

ハンドドリップの美味しさを追求したアピックスドリップマイスターで、手軽に美味しいコーヒータイムを楽しんでみてはどうでしょうか。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする